« トヨタが日本経済の命運を握る? | トップページ | 10/14 日経平均 上昇率は過去最大 1171円高 »

10/21 月例経済報告 「景気は弱まっている」

政府は、10月の月例経済報告で景気の基調判断を

「弱まっている」と前の月より引き下げた。

世界的な金融危機が深刻化する中、日本経済へも暗い影を落とす。

与謝野 経済財政担当相は

「(日本経済は)じっと耐えるしかない時期が続く」と語った。

これまで日本の景気を牽引してきた輸出は減少傾向

アメリカだけではなく新興国でも弱含んできた。

個人消費も食品の値上がりが相次ぎ、振るわない。

一方で、原油価格の下落は、ピーク時に比べ半値だ。

エネルギーや原材料高に歯止めがかかれば

日本経済復活の兆しが見えてくるかもしれない。

                             トップページへ

|

« トヨタが日本経済の命運を握る? | トップページ | 10/14 日経平均 上昇率は過去最大 1171円高 »

知っとくべき経済ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453747/24936639

この記事へのトラックバック一覧です: 10/21 月例経済報告 「景気は弱まっている」:

« トヨタが日本経済の命運を握る? | トップページ | 10/14 日経平均 上昇率は過去最大 1171円高 »