« 11/25 オバマ体制 保護主義懸念の払拭が狙いか | トップページ | 11/28 テレビが売れない?電機業界危機 »

11/26 低迷する小売り 値下げ攻勢で 消費を喚起できるか

円高、原材料価格の低下を機に スーパーをはじめ

外食産業に値下げの風が吹いている。

イオンや西友では、今月から食品や日用品など

プライベートブランドを中心に値下げ。

東急ストアなどでは輸入品の価格を1-3割下げるセールに

乗り出している。

また、居酒屋ワタミでは、500円前後の低価格を

ウリにした米国料理店の展開を開始する。

高級路線を貫いてきた百貨店にも値下げの動きが出てきており

景気後退の中、小売りや外食産業に

低価格競争が生まれようとしている。

                    トップページへ

|

« 11/25 オバマ体制 保護主義懸念の払拭が狙いか | トップページ | 11/28 テレビが売れない?電機業界危機 »

知っとくべき経済ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453747/25786772

この記事へのトラックバック一覧です: 11/26 低迷する小売り 値下げ攻勢で 消費を喚起できるか:

« 11/25 オバマ体制 保護主義懸念の払拭が狙いか | トップページ | 11/28 テレビが売れない?電機業界危機 »